高濃度ビタミンC点滴の流れについて知る

ビタミンCは摂取量が過剰であった場合にも尿などに溶け出すことで自然と排出するため副作用が無いことでも知られています。

このため高濃度ビタミンC点滴は多くの人が手軽に利用しやすいという利点がありますが、体質によってはビタミンCが合わないというG6PD欠損症の方もいるため、点滴前には血液検査が初回のみに必要となります。

血液検査の結果はすぐに判明するため、高濃度ビタミンC点滴は初回来院時から受けることが可能です。

大阪の高濃度ビタミンCのお役立ちコンテンツ満載です。

ビタミンCの注入量は取り扱う医療機関や個人の体質を考えた上で決定しますが、一般には10gから25gほどが多く見られます。

点滴時間は25gだと50分程度が目安となるため、仕事帰りなどでも手軽に利用することも可能です。

また初回のビタミン注射以降は2回目から高濃度ビタミンCの注入量を増やすことが可能な医療機関もあります。
例えば美容を目的として今までビタミン注射を受けていたがもっと効果のある施術を臨む場合は、点滴の量を希望で増やすことも医師との相談で出来ます。

オールアバウト情報を楽しくお得に利用しましょう。

高濃度ビタミンCには美白、保湿、コラーゲン生成、老化防止といった美容面でも多くの効果が報告されており、がん治療を目的として主に利用されていましたが、現在では美容目的、あるいはリフレッシュ目的での利用者も増えています。
そのため全国の多数のクリニックで近年導入されているのが高濃度ビタミンC点滴で、普及にともない点滴に必要な料金も下落しており、より多くの人が利用しやすい状況となっています。